Loading...

事務局西村の断片的な話2


garrip blog

Share this entry

度(ど)

ビジネスマンはこの時期あたりから決算やら確定申告やらで大忙しだろう。僕も例に漏れず数字とにらめっこして3日に一度は泣きそうになる。

「平成27年」と「平成27年度」では大きな違いがある。「平成27年」は1月から12月まで、「平成27年度」は4月から3月まで。この「度」があるか無いかで3ヶ月もの差が生まれる。

「度」という一文字に3ヶ月の意味を持たせるには荷が重すぎるのではないか。

和風とか和食とかの「和」という一文字も大変だ。寿司・しゃぶしゃぶ・天ぷら・たこ焼き・着物・サムライとかいろんな要素を含んで「和」という文字だけで国内外を行ったり来たりしている。丸腰にもほどがあるな。

ポケモンで捕まえたモンスターの名前を決めあぐねていたときにうっかり「あ」とだけ入力してしまったばかりに「あ」一匹で相手のモンスターをバタバタと倒す光景は鳥肌が立ったのを覚えている。倒されたモンスターも死んでも死にきれないだろうに。

そのほかにも荷が重い文字がたくさんあると思うが、僕は文字に生まれなくてよかったと感じている。

文字に生まれるってなんだ。

 

タウリン相殺

先日の健康診断で肝臓に異変が見つかった。というか問診票に「酒飲みます」と丸つけたら自動的に肝臓に気をつけてね的な意味での肝臓の悪い結果だった。

でも酒は好きなので肝臓をいたわる良い食べ物はないかと調べていたら、タウリンが多く含まれている食べ物が最高だと知った。意識してどんどん食べよう。

その食べ物は牡蠣だった。海のミルク。

僕が記憶にある限りでも牡蠣が目の前に出てきた時は必ず酒が隣にいる。そもそも貧乏性だからなのか、

お金がない

でも牡蠣出てきた

お祝いだ!

酒飲もう!

という脳内の図式が完成する。牡蠣と酒を一緒に摂取したらタウリン相殺にならないのか。

「牡蠣食ってるから肝臓悪くならないもんね」と余計に酒を飲む僕の姿が想像できて嫌だ。

 

春が来る

今年は雪不足の年だった。交通の便は困った事は特になかったのだがスキー場は大変だっただろう。
毎年12月下旬にはオープンしていたが今年はその約1ヶ月後だし、2月には季節外れの雨が降りゲレンデがグダグダに。ゲレンデが溶けるほど恋する前にスキーが出来なくなってしまった。

その後も少しずつ雪が降り、なんとか安全にウィンタースポーツが出来るコンディションが整われているが今年はヒヤヒヤした気がする。冬と春が一緒に来たようなイメージだ。

沖縄でみぞれが降って歴史的だ奇跡だとニュースで大々的に報じられたがその雪を田子町にくれよと嫉妬したものである。

3月に入りもうじきスキー場は今シーズンの営業が終わるが、そうしてる間に産直施設ではもうフキノトウが売られていた。売り場で「えぇ…」「はえー…」と独り言が出てしまった昼下がり。

 

プラネタリウム

つい出来心で家用のプラネタリウムを買った。寝室で使うと寝るときに自分の天井に流星群を写し出し、それを見ていると夢の中へ連れて行ってくれるのだ。2,800円。

しかし僕は近視と乱視でメガネを常にかけている。寝るときと風呂に入るとき以外はメガネ着用を義務づけないといつ足の小指をぶつけるか分かったもんじゃない。

いつものルーティーンで寝るときにメガネを外し、そしてプラネタリウムの機械にスイッチを入れる。ぼんやりと頭上に浮かぶ光の大群。ホラーである。

天の川を忠実に再現している部分もあるみたいだが、乱視のおかげで川が大氾濫している。

メガネをかけるとそんなことないのだが、星を見ながら寝落ちするのがベストなのでは無いか(プラネタリウムは寝落ちしても良いように15分後にはタイマーが切れる設定)。メガネかけたままだと寝返り打ったときに割ってしまうんじゃ無いかと心配になって眠気が遠のく。

僕は毎晩ただの視力検査をしているだけである。

 

手帳

最近物忘れがひどい。昨日も入浴剤を2回入れた。

やることや覚えることが多くて逆に当たり前のことを忘れてしまっているのだ。先週はごはんを2回食べ忘れた。

せめてできる限りのことはメモをとろう。手帳を買って一日のスケジュールとtodoを書き込んで毎日自分の進捗管理をしよう。出来ることならこのガーリップブログのネタ帳としても使えたら最高だな。何か困った事があったらこの手帳を開いて新たなアイデアをリノベーションしよう…!

と決意した矢先3日ほど手帳を紛失した。

そもそも毎年手帳を買っているが、3月までは事細かに記入されているが10月辺りからすっからかんなのは物忘れなのか飽き性なのか。

 

ムダ節約

ユニクロのチラシを見てダウンが5,000円でベストが4,000円で売り出されていた。ということは袖は1,000円の価値があるのかーと勝手に詮索する癖をやめたい。

ボールペンも3色と4色のボールペンの金額を差し引いて出た金額が緑色の値段かーと思うともったいなくて緑を使う機会が減る。せっかく4色ボールペン買ったのに。

こんな感じの無駄な節約エピソードを集めたいと思っている。

卵10個も使わないのに安いから買っちゃったとか、1円だけ安い商品のために片道20km運転したとか最高。

節約のために動いたはずなのに結果的に損をした笑えるエピソード、こっそり教えてください。

 

 

私が記事を書きました。

西村祐哉

ニッシー

田子町生まれ田子町育ち。田子町観光協会事務局、観光マネージャー。イベント・飲み食い・スポーツ・旅が好き。色黒なので高校時代に他校の生徒に「ハロー」と挨拶されたことがある。

ニッシーのブログ記事一覧へ


Page Top